雨の日の室内乾し なげしを使う事例

雨の日の洗濯物 どなたも乾し方を工夫されていると思いますが、こんな方法はいかがでしょう。和室のなげしを使う方法です。あまり広い部屋ではロープが長くなり使いにくいですね。8畳ぐらいまででしょうか。

IMG_0088

市販のなげしフックでロープをかけます。下の写真の左側のフックです。

IMG_0717

IMG_0732

なげしフックは多種類市販されていますが、中央の二個が同じもので、これを使います。両端の二個はハンガーを直接かけるために使われているようです。なげしに接触するフックの下側には傷がつかないように、接着剤付のゴムクッションを貼りつけています。フックの下側の長方形状のものですが、断面の写真になっています。下の写真の下側の幅3cmの板状のもから切ったものです。(長さは15mm以上に切っています。)この板状のものは必要な長さを言えば切り売りしてくれます。IMG_1062

洗濯物をハンガーごとぶら下げるロープは、ポリプロピレン製の太さ3mmのロープを二重にし、12cmぐらいの間隔(こぶし一つ分ぐらい)で結び目を作っています。

ロープはフックの下側に力がかかるように上の部分に掛けます。上の写真のようにしてください。

IMG_3683

写真は購入したロープと、これを二重にして結び目を作った専用の洗濯物用ロープです。この結び目の間にハンガー差し込めば隣の洗濯物とくっつくことは防げます。

なげしはの材料はあまり強度がないので、フックごとにぶら下げる重量が過負荷にならないように、なげしの状態をよく見て使ってください。

負荷が軽ければ、6畳の広さだと3組ぐらいは可能でしょうか。

なげしフックはホームセンターの蝶番やボルト等の金属の小物部品売り場の近くに置かれています。ゴムクッションも近くに並べられていると思います。お試しください。  以上