固形石鹸 残さず使い切る方法

IMG_3044

 

写真 左側の石鹸のように小さくなってきたら、入浴時に、次の石鹸を出して使い、このように入れておきます。

これは翌朝の状態です。

IMG_3045

 

翌朝、容器に接していた下側の面が、下の写真のように柔らかくなっています。

IMG_3048

 

小さくなった石鹸を濡らし、柔らかくなった面に強く擦りつけ、2~3時間放置すると、くっつき単体として使えるようになります。

IMG_3052

 

これで小さくなった石鹸も無駄なく使い切ることができますね!

固形石鹸と液体せっけん どちらがお得

IMG_3060

 

固形石鹸は写真のように小さくなると使いづらくなります。

捨てられたり、排水口に流れ込んでなくなることがあります。

液体せっけんの場合はこのように明確に目に見える無駄はないようです。

しかし、適量がわかりにくく、つい多く使ってしまいがちです。

固形石鹸が簡単な方法で、写真右側のように小さくならず、最後まで使い切れるとしたら、どちらがお得でしょうか???

さて、答えはこちらです。

答えは「固形石鹸」です!

では、どうして固形石鹸がお得なのでしょうか。

液体せっけんは使った量が見えにくいので、知らず知らずのうちにたくさん使ってしまいます。

固形石鹸ならば、ばっちり目に見えるうえ、最後まできれいさっぱり使い切ることが可能です。

明日は、固形石鹸を最後まで使い切る方法をお知らせしますね!